本文へスキップ

JR8BLTサイト

アマチュア無線のHPです。
カムバック・移動応援サイトです。

アマチュア無線局HF・6・2m・430M
固定も,モービルホイップで微弱ながら運用中
最近はデジタルモードに、はまってます!!

イメージ01

移動のすすめ

JR8BLT流の移動経験からの、簡単なアドバイス等。

イメージ02

アースについて

当局の「モービルホイップ」一番大事なのは「アース」です。その特集。

イメージ03

JR8BLTのひとりごと

JR8BLTが勝手に思うこと。などなど・プロフィールの続きかな?

イメージ03

再開第1号QSL

2005年に再開局したときのQSL。大好きな豊頃町(01051B)ハルニレの木。

モービルホイップの運用の大切なアース。 1/4λのアンテナを使っていませんか? このアンテナはアースが必要です。
単純に0Ωで接続して、しかし全然飛ばない!! SWRが下がらない! なんて、ありませんか? 
当局も最初はそうだったのです。 今は、なかなかDPの張れないところは、頑張ってくれています。
高周波は簡単にいきません。 ご参考に!! あくまでも


給電部です。


 1本の太いアースと、それを補う2本アースをしております。 太いア−スは、後部ドアの手すりのネジにがっちり固定。 残りの線はカウンターポイズ・ドアの金具に、接続しております。(下のネジ部分は黒い塗装をはがしてアース)
イメージ

ドアと車体の間。


 ドアも、金属でつながっているので、安心していませんか? 結構今の車は、金属以外の部品が多いみたい。 アース面を増やすため、5枚のドア全部をアースしております。 後部ドアもアース!! 高周波はなかなか手強い。 左奥はボンネット部分へ、左下はアンテナチューナーにアーシングしております。
イメージ 

ボンネット


 ボンネットも大事な広いアース面です。見づらいのですが、車体とアースしています。 車は何分割しているシャーシが多いので、この先ドアの部分で接続して、おります。念のため・・・ また反対のステー部分も短くアースしております。 エンジンルームは勿論バッテリー関係を中心にアーシングしております。 バンパーにもアース済みです。(当局のおんぼろ車は鉄バンパー。 樹脂バンパーなら効果は有りません)
イメージ

カウンターポイズ(効果絶大!)


 7MではSWRがさがっても、ハイバンド(特に50M)・3.5MのモービルホイップなどはSWRがふらついたり、下がらないケースがありました。 まずはアース線を短く、(10p位)でアース。 ちなみに当局の車は、ルーフレールがなくて、10pの長さではアースは難しく、車体に穴か、ペイントを剥がず必要になりました。 苦肉の策は「カウンターポイズ」。 ホームセンタで売っている銅テープを5p×20p位を車体に張り、アース線を半田付け。これで、50Mは希望通りSWRがさがってくれました。 端子付近は今は、テープで防水しています。先にアース線を半田してから貼り付けた方が作業性は良いと思います。 コンデンサーの役目をするみたいです。 最近はコレを3枚並べて張って、3.5MのモービルホイップもSWRが下がりました。 ダイヤモンドがら出ている、車体に貼り付ける物もコレと同じ原理です。 こちらは、見た目も悪いですが、安いです。アースは重要ですね。

アースの基本は「太く・短く」です。 長いと雑音を拾いやすいみたいです。 アース線はホームセンターで販売されていますが、
給電点のM型コレクターの部分の太いアースは無線専門店で購入しました。 今は結構安く「アーシンング」セットで販売しています。 
バッテリー関係の所にあります。 それを流用すると安く仕上がります。 また、電源関係のアーシングすると、カーステなどの音響機器の雑音が少なくなり
音響機器の音質の向上もあると言われています。 また、イグニションノイズ等にも効果があるとされています。 
注意!!塗装面にアースしても効果はありません。
塗装面を落とす必要はあります。(そこからの錆に注意) また、市販の通電コンパウンドは大変効果がありました。
(無線専門店で購入しました。アンテナの接続部分に使用する。チューブで販売¥800円位) 銅テープは大型ホームセンタで
(5m¥1200円位)購入しました。 アルミテープでも代用可能と思いますが、半田付けの事を考えると、銅テープの方が良いと思います。
特にローバンド(7M以下)の飛びは、アースに左右される見たいです。 スゴイ人は車体に穴を開け直にアースしている方もおられる位です。
見た目は良くありませんがカウンターポイズをしてから、飛びが格段に良くなった感じが致します。(特に7Mでは)ご参考程度に。 責任は負いかねます。


固定のモービルホイップのアースは?トタン屋根はHAMの味方!!
瓦屋根では、真似出来ない。アースの魅力!!

屋根に設置の例です。まずは、マグネットアースを作りました。市販のアースは高いので、自作しました。

 これは初期型のマグネットアースです。 マグネットは、100均 
 です。マグネットシート上に、上記の「カウンターポイズ」で
 活躍の銅板テープを貼ったのもです。これは落とし穴がありました。
 実は、マグネットの間に「紙」があったのです。長期間使いますと
 紙が剥がれてきて分離しました。 今は、HC「切り売り」の
 マグネットシートを購入してます。 (制作方法は同じ)
 好きな長さにできますので、重宝しております。


当局の固定の現状は(初公開??) モービルの延長上です。

 ここは、給電部。トタン屋根にアースされてます。
 アース線の長さは約10センチ。 このアースで3.5M
 〜50Mのモービルホイップのアースをとってます。
 もう1本も、同じようにアースされてます。お蔭様で、
 これでもEU、北米、中米、南米、オセアニア、アフリカと、
 少しずつカントリーを稼いでくれてます。
 引っ越しの時も、剥がせばおしまいです。

 アース線は「太く・短く」が基本!! 短い方が雑音が少ないと
 思いますし、6mの共振も良好でした。

 この2本のアンテナで、アパマンハムで出ております。
 弱い電波ですが、皆様のFBな空中線でよろしく
 お願いいたします。(地上高10m)
 右:第一電波製 HV7CX(7,21,28,50,144,430)担当
 左:コメット製 UHV-6改(14M,18M、21M、24M)担当
 (21Mのコイルを24Mに改造)
 7M〜50Mhzまで、出ております。アンテナチューナーでSWRも
 しっかり調整。中心点では1.0近くまで落ちているバンドも多く
 雨の日も出られます。チューナーは、無線機内蔵でない方が良いと
 思います。(チューナなしでは厳しいです。バンドエッジとか・・)
 所詮「モービルホイップ」出られることだけが幸せです。I等も無く100w運用しております。
 参考になればFBです。 TU FB DX  73・88