本文へスキップ

JR8BLTサイト

アマチュア無線のHPです。
カムバック・移動応援サイトです。

アマチュア無線局HF・6・2m・430M
固定も,モービルホイップで微弱ながら運用中
最近はデジタルモードに、はまってます!!

イメージ01

移動のすすめ

JR8BLT流の移動経験からの、簡単なアドバイス等。

イメージ02

アースについて

当局の「モービルホイップ」一番大事なのは「アース」です。その特集。

イメージ03

JR8BLTのひとりごと

JR8BLTが勝手に思うこと。などなど・プロフィールの続きかな?

イメージ03

再開第1号QSL

2005年に再開局したときのQSL。大好きな豊頃町(01051B)ハルニレの木。

私もカムバックHAMです。2006年にカムバック致しました。 カムバックしたてのころは、
アマチュア無線が変わっていて、戸惑いもありましたが、カムバックして一生の趣味として続ける決心を致しました。 
一人でもカムバックして頂き、このサイトがきっかけになればとても幸いです

DXも魅力ですよ「DXのすすめ」



今と約25年前との違いを確認致しましょう!


@まず資格の呼称が違います。
表1 アマチュア無線の資格と内容(国家資格)
資格名(クラス) 運用の出来る範囲 25年前
第1級アマチュア無線技士 全ての周波数、形式、最大電力も制限無し(実際は1Kw) 500w
第2級アマチュア無線技士 全ての周波数、形式、最大電力は200W 100w
第3級アマチュア無線技士
(旧電信級アマチュア無線技士)
周波数は7MHz以下18MHz以上、全ての形式、最大電力50W 10w
CWのみ
第4級アマチュア無線技士
(旧電話級アマチュア無線技士)
周波数は7MHz以下21MHz以上、モールス信号を操作する以外の形式、最大電力20W (HF帯は10W) 10w
電話のみ
移動するアマチュア無線局は、資格にかかわらず最大電力は50Wしか免許になりません。 
(4級は20W・HF10W)
1.9M以下および1200M以上は省略。(別途規定)

*** 旧資格を持っている方は、そのまま新資格の操作範囲で使用できます。 ***

A上記の通り、最大パワーがアップしております。
1級500w→1KW 2級100w→200w 3級10w(CWのみ)→50w 
4級10w(電話のみ)→50M・144M・430Mのみ20W
操作範囲も拡大
3級はすべての形式で18MもOK、4級はRTTY・SSTV等も許可、CW符号を送出する以外は許可されます。

B国家試験からCWがなくなった。
2011年12月の国家試験からすべての資格でCWの聞き取り試験が廃止されました。

これは、すごいことです。上級の資格が、かなり身近になりました。又、今は国家試験日本無線協会
行っております。

CPCとすごい連携
これは、HAMLOGなど、LOGがPCと連携し紙LOGの時代からPCLOG(HAMLOG等)の時代と変化しつつ
あります。 あと、クラスターといわれる、インターネット情報の時代でワッチは今でも大事ですが、
クラスター(J-クラスター等)の情報もある時代になりました。
最初は、理解が難しいかと思いますが、20年前若者世代では、すぐ溶け込むと思います。
 また、SSTV・RTTYもPCソフトで、簡単にできる時代になりました。 また、最新の機種はPCと
直接接続も可能で、より連携が重要になってきてますが、PC無しの運用も、もちろん可能です。

Dインターネットで免許状の申請が出来るようになった。
画期的です。早いし、価格も書面申請より、安くで来るようになりました。総合通信局(旧電管)のHP
参照してくださいね。

Eアワードがいろいろ
昔は、アワードはJARLとかがメインでしたが、今は各クラブの発行のアワードが主流になります、
「道の駅アワード・湖沼アワード・湯けむりアワード」等多数発行されており(詳細は省略)
そのアワードの移動運用がとても盛んです。

F市販機の200wまで電管の検査なし。
最近の200w以下の市販機だいたいは「技適」といって、検査に合格しております。200Wまでなら、
技適の機種なら書類審査のみで、免許になります。しかし今は電波か人体に影響を受ける
基準等がありまして、アパマンHAMは100〜200W位が許可になってるみたいです。
空中線からいかに、他の施設(住居)および、人体が通行する場所 の距離が大事みたいです。
技適以外の無線機は現在は「TSS」が保証認定を行っており、自作機・旧JARL認定機種の免許申請は
「TSS」経由で行います。技適の機種のみの免許申請は直接、総合通信局に申請します。

G市販機の性能はアップ
市販機は20年前の機種と比べて、格段に進化しました。受信性能は格段にアップして比べものには、
なりません。DSP等のデジタル処理など進化はすごいものですが、昔の機種が使えない事はありません。
これが、アマチュア無線の良いところで、しっかり現役で活躍中の無線機はお空で多数お会い致します。
 また最近は1台で1.9M〜1200Mまでオールモードの無線機も存在します。モービル機なら
1.9M〜430Mのオールモードの無線機なら、各社多数あり、TPOで選べる時代になりました。
また、値段は25年前から、据え置きの感じがいたします。

H新しいバンドが増えた
WRC-89では10M・18M・24Mの一挙解放。その後、1.9M・3.5M・7Mのバンド拡大、
新バンド135kHz帯の登場。また、最近はWRC-12での472-479kHz帯の検討が総務省等で
されています。

Iアンテナ(ANT)も変化・進化
リグも進化していますが、アンテナも25年前には、無い形が出て実用化され市販もされています。
もちろん25年前のアンテナも使えますが、スモールループANT、EHアンテナ等いままでのヘルツANTの
常識をくつがえす、ものも存在します。モービルホイップも、シングルバンドでなく多バンド化になり
高能率になりました。またオートANTチューナーが登場し、5〜10mの導線(アンテナ線)で
1.9M〜50Mにオンエアーも可能に、なりました。 もちろん25mH等のタワーがあれば最高ですが、
アパマンHAMもHFにたくさんの局が出て、時にはタワーの局に劣らない活躍をしていられる局長様も
たくさんおられます。

J電波監理局から総合通信局に名所変更
名称はかなり変わっています。郵政省から総務省等。 また、電波形式も変更になっています
代表的なものを次表に記載致します。名称は変わっていませんが、DV(デジタル)等新しいモードもあります。

旧表記 新表記 名称 旧表記 新表記 名称
A1 A1A CW A3 A3E AM
A3J J3E SSB F3 F3E FM

K局免許の電波の形式が、一括記載コード(3HA・2HC等)に変更
詳しくは記載しませんが、免許状にはライセンスに応じた。一つの形式のみ記載。A1Aのみの周波数帯はA1Aと記載
(もしくは、RTTY等の申請が無い場合)RTTY等のデータ通信は3MAに含まれます。ただし、付加装置の申請等が
無い場合は、一括記載コードに含まれても使用はできません。(工事設計に含まれていないため)その際は改めて、
申請いたします。 デジタルモード申請参照。